東海理化クリエイト〈TORICA〉は、電装部品や工業資材、産業車両部品、民生機器など様々なニーズに信頼できる製品をご提供する独自スタイルの開発提案型ファブレスカンパニーです。

どのような仕事をしていますか?

入社時から産業車両営業部に配属され、最初の2年は建設機械メーカーを担当し、その後農業機械メーカーを担当しています。入社当初は海外調達の手配や在庫管理などの事務業務が多かったのですが、今は得意先から「こういうモノを探している」といったご依頼が多く、提案型営業が中心となっています。農業機械メーカーの営業に切り替わってすぐ、新規車両の部品7点を同時に受注するという大仕事を担当することになり、1年という短期間で仕様決めをして金型を起こし量産へという案件を無事完遂することができました。これをやり遂げたことでひとつ成長できたかなと思います。

東海理化クリエイトの強みはどこですか?

得意先に提案をする上で、自社技術部の存在はとても大きいと感じています。新規開発の際に、いただいた要望に対してスピーディーに返答や対応ができたり、不具合が起こった場合でも自社で解析できる専門家がいることなどが得意先との確かな信頼につながっています。そういう意味で、多彩な製品を扱う商社機能を持ちながら、技術について分かっているというメーカー的な魅力を備えている会社であることが、東海理化クリエイトの強みだと思っています。

仕事をする上で大切にしていることは?

人の話や意見にしっかりと耳を傾けることです。自分が話すことよりも、得意先が何を求めているかを聞き出すことが、私たち営業の役目だと思っています。昔から比較的よくしゃべるタイプでしたが、今はしっかり聞くことで会話のキャッチボールを大切にしています。また、自分の意見を通すことも必要ですが、人の意見もきちんと取り入れていくことにも心がけています。

学生へひとことメッセージ

先輩や上司に相談がしやすく、ありのままの自分を活かしてくれる会社です。

一日を追う
起 床
新聞でニュースをチェックしながら朝食
出 社
メールをチェック
社 内
得意先訪問用の資料を作成する
出 張/商談
関西を中心とした得意先であるメーカー本社を商談訪問(いつも新幹線)
帰 社
出張内容を上司へ報告し、外出時のメールチェックや翌日の準備
退 社
日によってはもっと早くなったり、遅くなったり
プライベート

野球少年、再び

休日は、地元の友人たちと草野球をして躍動感たっぷりに汗を流しています。野球は小学校から高校3年まで続けていました。ポジションはいろいろ回されましたが最終的に外野手に落ち着きました。観戦はプロ野球よりも高校野球の方が好きです。

これからも、クルマと関わっていく

東海理化の本社がある町で育ったので、小さい頃からクルマへの興味関心はありました。大学でも自動車関連のゼミを専攻し、進路も自動車に関係する仕事に携われればと思っていました。
今では産業車両と関わっているので、クルマとの“縁”をさらに深めていくつもりです!